2021.7.10 サイト移行中につきご迷惑をおかけしております・・・

0秒思考のメモ書きがおすすめな理由と具体的な方法

「モヤモヤっとしている頭のゴミを整理したい」
「もっと頭の回転が早くなりたい!」

このような時は思考のトレーニングがオススメ。

今回紹介するのは「0秒思考」

  • 0秒思考って実際に効果はあるの?
  • 0秒思考の具体的な方法が知りたい?
  • 0秒思考におすすめのテーマは?

このような疑問に答えます。

ちなみに僕はこの0秒思考をコツコツ行い90日間が経過しました。

90日間で書いた枚数はA4用紙で約798枚になります。

この0秒思考のおかげで、以前と比べると物事を判断するスピードとコミュニケーション力があがりました。

この記事を書いた人
アニメと読書が好きな30代副業ブロガー

ナミカワ アツヒロ
Atsuhiro Namikawa
1980年代生まれ
2016年に出会った「0秒思考」をやってみたところ、
頭の中がスーッと軽くなる感覚にはまり、
5年たった今もなおコピー用紙にメモ書きする日々。
この記事では僕が体験した0秒思考の具体的な方法を解説します。

本記事の内容
  • 0秒思考の効果
  • 0秒思考の具体的な方法(やり方)
  • 0秒思考で書き出すおすすめのテーマ

本記事は5分程度で読める構成となっています。

頭のモヤモヤやイライラを消したいといった方の参考になりますので、是非最後まで読んでいただければと思います。

また、別記事になりますが「0秒思考×メモの魔力」は最強の武器になります。メモの魔力についてはコチラ

>>メモの魔力がおすすめな理由と具体的な方法

タップできる目次

そもそも0秒思考とは何?

0秒思考のメモ書き術とは、考える力とスピードを強化するトレーニングメソッドです。

0秒思考の本

思考の「質」と「スピード」、双方の到達点が「0秒思考」だ。ゼロ秒とは、すなわち、瞬時に現状の認識をし、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる。

引用「0秒思考」より一部抜粋

0秒思考のメモ書き術は、元マッキンゼーで14年間コンサルティングを行っていた赤羽雄二氏が開発した超シンプルな方法です。

紙とペンさえあれば、いつどんな時でも行うことのできるトレーニングです。

方法はとてもシンプルで、誰でも行なうことができます。

「マッキンゼー」って?

ちなみにマッキンゼーという会社は、世界的なコンサルティングファームで世界の名だたる企業の経営の意思決定に助言を行う超ハイスペックのコンサルティング集団です。

著者の赤羽氏はそのような環境の中、日々重要な判断や意思決定をしてきました。その判断する量と責任は凡人の比ではないということはでしょう。

そこで生み出されたのがこの0秒思考というメモ書き術。

「結局、このトレーニングをやって何が得られるか?」

というところが気になるところですよね。

次に0秒思考というメモ書き術の効果について解説します。

created by Rinker
¥1,109 (2021/10/19 00:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

0秒思考のトレーニングの効果を3つ紹介します

0秒思考のトレーニングを行うことによって、考える力が強化され思考のスピードが圧倒的に速くなります。

また考える力が強化されることによって、不安や恐れが軽減されます。

ここからは、0秒思考のメモ書きを続けることによって得られる効果を3つご紹介したいと思います。

0秒思考3つの効果

  1. 思考が整理され考える力が強化される(モノゴトを客観的に捉えることができる)
  2. 不安や恐れが少なくなる(心のストレス度合が減少する)
  3. 自信がつきポジティブ思考になる(前向き思考になる)

それでは、0秒思考の3つの効果を1つずつ解説していきます。

0秒思考の効果1.思考が整理され考える力が強化される

考える人 画像

0秒思考のトレーニングは頭に浮かんだことを1分で紙に書き出します。考える時間を無くし、ただ単に頭の中に浮かんだことをさっと書き出していきます。

こうすることで、頭の中のモヤっとした思考が整理されます。

なぜなら、

一度頭の中のモヤモヤを紙に書き出すことで、自分が考えていることを客観的に捉えることができ、どんな問題に悩んでいるのかわかるようになるからです。

つまり、モヤモヤの多くは頭の中がぐちゃぐちゃになって整理されていなく、何に悩んでいるかさえわからないということが原因。

例えば、モノが散乱している部屋や机を掃除した時に、なんかスッキリする、やる気がでてきた、という経験があるかともいます。

同じように頭の中も整理すればスッキリし、そしてモヤモヤも減っていきます。

0秒思考の効果2.不安や恐れが軽減する

不必要な不安や恐れの原因は「モノゴトの捉え方」です。

コップの中の半分の水理論が分かりやすいかもです。

コップの中に入った半分の水を見て、「もう半分しかないのか」それとも「まだ半分もあるのか」と捉えるのか。

水の量は同じだけれども捉え方は真逆です。

「まだ半分もあるのか」と捉えられるようになったほうが不安やストレスが少ないですよね。

0秒思考のトレーニングを継続することによって、

  • どんなことでストレスを受けているのか
  • どんなことで悩んでいるのか
  • 何に恐れているのか

この3つが明確になります。

そして、この問題と正しく向き合うことによって、不安や恐れは軽減し心のストレスも軽くなります。

0秒思考の効果3.自信がつきポジティブになれる

不安や恐れが少なくなれば、人は一歩踏み出す力が強くなります。

反対に不安や恐れが大きい時ほど、ネガティブな思考をすることになります。

「失敗したらどうしよう」

と考えてしまうのは良い例ですね。

失敗のことばかり考えてしまうのは、失敗した時の不安や恐れがあるからです。

その恐れが少なくなれば人はポジティブに行動することができるようになります。

とりあえず0秒思考の具体的な方法を教えて!!

それでは具体的な方法を次の「準備」「ルール」「意識すること」の3つに分けて解説します。

0秒思考の具体的な方法

  1. 0秒思考の下準備
  2. 0秒思考のルール
  3. 0秒思考で意識すること

0秒思考の準備:紙とペンを準備しよう

0秒思考のトレーニングに必要なのものはたった2つ。

「紙」「ペン」これさえあればOKです。

  • A4の紙(コピー用紙がおすすめ)
  • ペン(書きなれたものでOK)

ただし注意点があります。それは下記の「フォーマットは必ず守る」でも解説しますが、

紙はノートや日記帳ではなく「A4サイズ」の紙を使いましょう。※コピー用紙がおすすめ

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥664 (2021/10/19 13:27:50時点 Amazon調べ-詳細)

0秒思考が楽しくなる書きやすいゼロペンについてはコチラの記事で解説しています。

>>メモが書きやすくなるゼロペンレビュー

0秒思考のルール:フォーマットは必ず守る

この0秒思考のトレーニングには守るべきフォーマットがあります。

フォームをしっかりと守ることで、0秒思考の効果が最大限に発揮されます。

これは、書籍「0秒思考」でも書かれてます。

0秒思考 書き方の手順

  1. A4サイズの紙を使う
  2. 左上にタイトルを書きタイトルにアンダーラインを引く
  3. 右上に日付を書く(例 2021.4.19)
  4. テーマの下に4~6行くらいで頭に思い浮かんだことをメモしていく(メモは具体的に書くほど脳トレになります)
  5. 1行あたりの文章の長さは15~30文字くらいで書くと具体的になります
  6. 1枚につき1分でさっと書く

0秒思考で意識すること:それは「継続」

最初は上手く書けなかったり、時間がかかったりと慣れるまで大変かもしれません。

「とにかく早く頭をスッキリしたい!」

という気持ちはよくわかります。

僕も最初はそうでした。

しかし、0秒思考のトレーニングは脳の筋トレのようなもの。

今まで使わなかった思考回路をコツコツと鍛えていくトレーニングです。

何度も何度も取り組んで、思考の幹を太くしていく必要があります。

まさに、「筋トレ」と一緒なのです。

毎日続ければ3週間ほどで効果がでるとされています。

一日たった10~15分程度ですから取り組んでみましょう。

created by Rinker
¥1,109 (2021/10/19 00:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

0秒思考は何を書けばいいのか

0秒思考のトレーニングは、一つのテーマについて思い浮かんだことを書き出していきます。

「結局何を書いたいいかわからない?」

という方は下記を参考にしてみましょう。

モヤモヤの原因になりやすいテーマとは

0秒思考のテーマにはコチラがおすすめです。

0秒思考おすすめのテーマ

  • お金に関する悩み
  • 人間関係の悩み
  • 仕事の悩み
  • 家庭の悩み

例えば人間関係であれば上司や取引先、家族や友人といった人間関係。

お金の悩みであれば、収入やローンといったこと。

人生については、子供の教育やマイホームの購入などがおすすめです。(ちょっとお金とかぶってますね・・・笑)

悩んでいること、頭から離れないこと、

こういったことをテーマにすれば頭の中のモヤモヤが解消されます。

書きやすいテーマ

  • 苦手な取引先との関係
  • 上司のパワハラ
  • 退屈な会議をどう乗り切るか
  • 会話のない夫婦関係の改善
  • 家の貯蓄をどう増やしていくか
  • どんな副業がおすすめなのか
  • 子供の育て方、子供への接し方
  • ダイエットが続かない理由
  • 筋トレが続かない理由

好きなことは考えているとワクワク楽しいものですが、悩みというものは考えているだけで疲れてしまいますからね。

「考えないようにする」

という方法もありますが、気になることは再び頭の中を支配してしまいます。

「なぜ気になっているのか」が理解できれば悩みも減っていきます。

0秒思考のトレーニングで書き出したメモはどうするの?

一日10枚書くと1週間で70枚ほどになります。毎日続ければ一週間で約300枚。

結構な量ですね。

この書き出したメモ書きはジャンル別にクリアファイルに整理していきます。

仕事関係、家族関係、趣味、将来のこと、こうしていくことで自分は何にどれくらい頭を使っているのか、悩んでいるジャンルは何なのかわかるようになります。

頭の中がモヤモヤする理由、その一つは「わからない」からです。自分がかかている問題が「わかる」ようになればモヤモヤ感は少なくなるでしょう。

0秒思考を実際に行動につなげるには

0秒思考のメモ書きに慣れてきたら、今度は行動力を高めるために0秒思考を活用しましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

>>0秒思考で即断・即決・即行動する方法

まとめ:0秒思考がおすすめな理由と具体的な方法

0秒思考のトレーニングはいたってシンプルです。

「紙に書き出すだけ」

たったこれだけです。

でも簡単だからこそ、いつでもできる、そのうち、と考えてしますのが人間です。

簡単すぎて本当に効果が出るのか不安かもしれませんが、一日たった15分を0秒思考のトレーニングに使うだけで、頭の中のモヤモヤは消えていくでしょう。

お金もほとんどかからないですしメリットの方が多すぎると思います。

0秒思考をおすすめする理由

  • 頭の中野モヤモヤがすっきりする
  • 不安や恐れが少なくなる
  • 自信がついてポジティブ思考になる
  • 紙とペンさえあれば簡単にできる

0秒思考の具体的な方法

  • 紙(A4)とペン(ゼロペン)を用意する
  • フォーマットを守り1分で書き出す
  • 毎日10枚、90日間続けてみる
ナミカワ

それでは今回は以上でおしまいです。0秒思考が気になった方にはコチラの「メモの魔力」もおすすめです。ぜひお試しください。

>>メモの魔力がおすすめな理由と具体的な方法

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる