ガジェット

【Anker Soundcore Liberty Air 2をレビュー】1万円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

2020年5月25日

Anker Soundcore Liberty Air 2レビュー
おすすめのワイヤレスイヤホンをおしえて!できれば1万円以下で!

 

  • 完全ワイヤレス型イヤホンが欲しい
  • イヤホンの予算は1万円以下
  • クチコミや評価が良いもの

 

ナミアツ
このような時におススメできるのが、Anker Soundcore Liberty Air 2(アンカーサウンドコア リバティエアー)です。

 

(引用:Anker japan)

 

元々はiPhoneとの親和性の高さと、外部音取り込みモードがあるAppleのAirPodsProが欲しかったのですが、価格が3万と高すぎる・・・orz

 

そこで、クチコミやAmazonランキングで評価の高かったAnker(アンカー)Soundcore Liberty Air 2を買ってみることにしました。

 

正直7千円代で買えるのであまり期待はしていませんでしたが、コレは買ってよかったです。しばらくはこのイヤホン一つで良いかもです。

 

 

本記事では、Anker Soundcore Liberty Air 2を実際に使ってみた感想をレビューしていきます。

 

本記事の内容

  • Anker Soundcore Liberty Air 2のレビュー
  • Anker Soundcore Liberty Air 2を実際使って見た感想
  • Anker Soundcore Liberty Air 2の良いとこ悪いとこ

 

ナミアツ
下記に目次を用意していますので、お好きなところから読んでいただいてもOKです

Anker(アンカー)とは

Anker(アンカー)企業情報

Ankerといえば、スマホの充電器モバイルバッテリーで有名ですよね。品質の割に価格がリーズナブルということで、Amazonでのレビューや口コミも多数あり評価も上々です。

 

販売は主にAmazonのAnkerストアです。

 

 

Soundcore Liberty Air 2の基本スペックは?

Anker Soundcore Liberty Air 2

(出典:Anker Japan)

製品名Soundcore Liberty Air 2
価格black 7,999円
white 9,999円
再生可能時間
(充電ケース使用時)
最大28時間
防水規格IPX5
充電端子USB Type-C
重量約53g
通信方式Bluetooth 5
対応コーデックAAC/SBC/aptX
ドライバーサイズ6mm
ワイヤレス充電
HearID対応
充電時間1.5時間(イヤホン)
約2時間(充電ケース)
※USB充電時
約3.5時間(充電ケース)
※ワイヤレス充電時

Soundcore Liberty Air 2のスペックは上記のとおりで、充電ケースとイヤホンを合わせると最大28時間の再生時間を確保しているのは驚きです。

 

また、価格がカラーによって違います。スペックはまったく一緒ですが、白(white)は+2,000円です。

 

音声コーデックはAACaptXに対応しているので、iOSとAndroidどちらでも高音質で音楽を楽しむことができます。

 

ココがポイント

  • 最大28時間再生
  • ワイヤレス充電対応
  • 高音質コーデック対応済み(AAC/aptX)

 

 

 

Soundcore Liberty Air 2の同梱物は?

Soundcore Liberty Air 2の同梱物はコチラになります。

Soundcore Liberty Air 2の同梱物

Soundcore Lebirty Air 2 同梱物
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • イヤーピース5種類
  • 説明書
  • USB Type-Cケーブル

 

 

イヤホン本体

Soundcore Lebirty Air 2 イヤホン本体

充電ケースに収納されていたイヤホン本体はコチラ。シンプルで高級感があります。イヤーピースのMサイズが装着済み。

 

 

充電ケース

Anker Soundcore Liberty Air 2 充電ケース

充電ケースはかなりコンパクトで胸ポケットにも入る小ささです。これはホント助かりますね。

 

ナミアツ
一世代前のワイヤレスイヤホンの充電ケースと比べても、かなりコンパクトになっています。

 

 

イヤーピースは5種類

Anker Soundcore Liberty Air 2 イヤーピース

イヤーピースは5種類も付属しており、耳の大きさによって変えることができます。

 

USB Type-Cケーブル

Anker Soundcore Liberty Air 2 ケーブル

汎用性の高いUSB Type-Cケーブル。しっかりとしたマジックテープが付属していて、ケーブルがコンパクトにまとめられます。

 

ナミアツ
このちょっとした気遣いが嬉しいです。

 

 

Soundcore Liberty Air 2のデザインは?

次は気になるデザインです。

 

Soundcore Liberty Air 2はブラックとホワイトの2色展開です。

 

ブラックはどんな洋服にも合わせやすいし、あまり目立たない。

 

という勝手な解釈で、今回はブラックを購入しました。

 

ホワイトでもよかったのですが、ホワイト=Apple製品という印象が頭から離れなかったので、今回はあえてブラックをチョイス。

 

ナミアツ
結果、黒を選んで大正解でした

 

 

①イヤホン本体の外観(デザイン)

▼指紋がつきにくいマットなブラック。テカリがなく高級感があります。

Anker Soundcore Liberty Air 2

 

▼さりげなくアクセントカラーの赤が入っているのがかっこいいですね。

Anker Soundcore Liberty Air 2

 

▼イヤホンの中心部はゴールドのメッキ済み。

Anker Soundcore Liberty Air 2

 

▼耳につけても、うどんの主張が控え目で馴染みますね。

Anker Soundcore Liberty Air 2

 

▼デザインはスマートかつシンプル。

Anker Soundcore Liberty Air 2

デザインはシンプルですが、アクセントカラーが入ったりマットな外観で上質な印象です。またロゴマークが控えめに入っているのが好印象。

 

 

②充電ケースの外観(デザイン)

▼まずは外観、コチラもマットな仕上げで指紋がつきにくいです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 充電ケース

 

▼極限なほどまでにコンパクトに。

Anker Soundcore Liberty Air 2 充電ケース

 

▼底部にはUSB-Cポートが一つとリセットボタンがあります。

Anker Soundcore Liberty Air 2 充電ケース

 

▼自立するのも嬉しい。

Anker Soundcore Liberty Air 2 充電ケース

Soundcore Liberty Air 2の充電ケースはホントにコンパクトです。なので、持ち運びの際も邪魔にならず、ポケットにスッと入ってしまうのでどこへでも持っていくことができます。

 

 

 

Soundcore Liberty Air 2の重さは?

①イヤホン本体の重さは5g

Anker Soundcore Liberty Air 2 重さ

イヤホン本体(片耳)の重さはわずか5gで、これなら数時間つけていても疲れません。

 

 

②ケース含めた重さはわずか53g

Anker Soundcore Liberty Air 2 重さ

ケースの重さは43グラムで、イヤホン本体を収納しても53gとかなり軽いです。

 

 

Soundcore Liberty Air 2のバッテリー性能は?

Anker Soundcore Liberty Air 2 充電時間

(出典:Anker Japan)

再生可能時間

  • 7時間(イヤホン本体)
  • 21時間(充電ケース)

 

Soundcore Liberty Air 2はフル充電の状態で、イヤホン単体で7時間の連続再生が可能です。

 

充電ケース本体にも給電機能がついていて、約3回イヤホン本体に充電することができます。

 

AirPodsProの再生時間(4.5時間)と比較してもかなり長いです。充電ケースを携帯していれば2日程度は充電なしでも問題ないバッテリー容量を確保しています。

 

 

充電完了までの時間

※USB-Cケーブル充電の場合

  • 2時間(イヤホン本体)
  • 2.5時間(充電ケース)

※ワイヤレス充電の場合

  • 3.5時間(充電ケース)

充電ケースへの充電時間はUSB-Cを使う場合と、ワイヤレス充電機器を使う場合で異なります。

 

 

Soundcore Liberty Air 2のペアリング

ワイヤレスイヤホンで問題なのがイヤホンとデバイスを接続するペアリンの精度です。

 

いつまでたっても接続できないのではストレスたまりますからね。

 

Soundcore Liberty Air 2は、一度認識したデバイスなら充電ケース本体からイヤホンを取り出すと同時に接続してくれます。

 

瞬時に認識してくれるのでペアリングに関してストレスフリーです。

 

①ペアリングの手順

step
1
ペアリングの準備をする

▼まずはイヤホンを充電ケースに収納します。

Soundcore Lebirty Air 2

 

▼ケースの底面にある丸ボタンを3秒押します。

Anker Soundcore Liberty Air 2 ペアリング

 

step
2
イヤホン本体のLED点滅を確認する

片方点滅していればOK。両方点滅していたら丸ボタンを10秒ほど押してリセットしましょう。

Anker Soundcore Liberty Air 2 ペアリング

 

step
3
スマホのBluetooth設定画面を開く

Anker Soundcore Liberty Air 2 ペアリング

 

②片方だけのペアリングも可能

Soundcore Lebirty Air 2

Soundcore Liberty Air 2は片方だけで使用することもできます。その場合はステレオからモノラルになります。

 

片耳で使用するときは、Bluetoothの設定画面に"Soundcore Liberty Air 2-L"と表示されます。

 

Soundcore Liberty Air 2は遮音性が高いので、交通量の多い道など周りの音を聞いたほうが良い環境では片耳モードの方が安全です。

 

 

③ペアリングできない時(リセット方法)

ペアリングが上手くいかない場合は、次の方法がおすすめです。

  • デバイスのBluetoothをいったんOFFにし、再度ONにする
  • 蓋を開いた状態で充電ケースの底にあるボタンを10秒間おしてリセットする

 

 

 

Soundcore Liberty Air 2専用のアプリ

Soundcore Lebirty Air 2 アプリ

Soundcore Liberty Air 2には専用のアプリがあります。

専用のアプリでできることはコチラの4点

専用アプリの機能

  • 約30種類の多彩なイコライザー
  • HearIDで音をパーソナライズ
  • 音・操作をカスタマイズ
  • アップデート

 

約30種類の多彩なイコライザー

Soundcore Lebirty Air 2 アプリ

  • プリセット22種類
  • プロフェッショナル7種類
  • カスタム

 

あらかじめカスタムされた音源パターンがプリセットとプロフェッショナル合わせて29種類あります。

 

プロフェッショナルは音響の専門家オリジナルにカスタマイズされたイコライザーで味があって面白いです。

 

もちろん自分で細かくカスタマイズすることも可能で、音のバリエーションはかなり幅広く用意されています。

 

HearIDで音をパーソナライズ

Soundcore Lebirty Air 2 hearID

HearIDとは、

Soundcoreアプリ上で特定の周波数帯域におかえる音の聞き取りやすさを測定し、あなただけのHearing Profileを自動で作成

(引用:Anker)

という機能で、簡単に言うとあなたの耳に合った音域を簡単に最適化してくれるシステムのことです。

 

確かに実際HearIDで調整したところ、音がクリアになったかなという印象はありました。

 

音・操作をカスタマイズできる

Soundcore Lebirty Air 2 アプリ

  • 自分好みの音にカスタマイズできる
  • イヤホンの操作もカスタマイズ可能

 

あらかじめチューニングされた30種類のイコライザーの他に、自分オリジナルの音のチューニングも可能です。

 

また、イヤホンの操作(タップの仕方)もカスタマイズすることができ自分好みに操作を設定することができます。

 

 

ファームウエアのアップデートに対応

専用のアプリを登録している場合、ファームウエアのアップデートをすることができます。

 

例えば、Ankerのワイヤレスイヤホンは最小値の音が比較的大きいと言われていましたが、ファームウエアのアップデートをすることにより、以前よりだいぶ改善されました。

 

 

Soundcore Liberty Air 2の音質と使用感は?

Soundcore Lebirty Air 2

 

Liberty Air 2の音質はどうなの?

ダイヤモンドコーティングされた6mmのドライバーの恩恵により、癖のない聴きやすい高品質な音です。癖がないのでイコライザーとの相性は抜群です。

 

 

Liberty Air 2の通話機能はどうなの?

cvc8.0ノイズキャンセリング機能を搭載しているので、マイクが周囲のノイズを除去してくれクリアな音声で会話をすることができました。

 

 

Liberty Air 2の使用感はどうなの?

着け心地についてはイヤーピースが5種類も付属しているので、自分の耳の大きさにあったもの選ぶことができます。イヤホン本体が軽量なので2〜3時間程度ではまったく耳も痛くならず、またランニング程度の軽い運動をしても外れる心配はありませんでした。

 

 

Soundcore Liberty Air 2のBadPoint

個人的に使って感じたイマイチな点はコチラ、

 

ココがおしい!

  • 遮音性が高いので外で使うときは注意
  • 価格の乱高下がある(カラーによって値段が異なる)

 

遮音性が高く音漏れが少ない反面、外で使うときは注意

AirPodsProだと外部音取り込み機能があるので、交通量が多いところで使っても周りの音を認識できるので比較的安全です。

 

しかし、Soundcore Liberty Air 2の場合はカナル型のイヤホンで遮音性が高く、外の音を取り込む機能がついていたなため、外で使うときは一応注意が必要です。

 

値段の乱高下がある(カラーによって値段が違う)

Soundcore Lebirty Air 2 white

人気の商品で品薄の時は価格が上がっていましたが、2020年5月現在はほぼ定価で販売されています。

 

ただし、カラーによって値段が異なります。ブラックが7,999円に対し、ホワイトは9,999円。その差は2,000円。

 

個人的にブラックの方が高級感があるのでおすすめです。

 

 

Soundcore Liberty Air 2のGoodPoint

Soundcore Liberty Air 2の良かった点はコチラ、

 

ココが良かった!

  • 本体・ケースがコンパクト
  • マットな塗装で高級感がある
  • まったく疲れない着け心地
  • バッテリーの持ちが良い
  • 1万円以下の割に高品質な音
  • ワイヤレス充電もGood!

 

本体・ケースがコンパクト

Anker Soundcore Liberty Air 2

Soundcore Liberty Air 2は本体・ケースがかなりコンパクトです。

なので、バックに入れてもかさばらないし、ポケットにさっと入れることもできるので、いつでも持ちあることができます。

 

1万円以下なのに高級感がある

Anker Soundcore Liberty Air 2

Soundcore Liberty Air 2はイヤホン本体・充電ケースともにデザインがシンプルでオシャレ。

 

しかも、マット塗装であるため指紋や汚れがつきにくく、手入れをする面倒くささもありません。

 

軽い着け心地で長時間音楽を聴ける

Soundcore Liberty Air 2は軽量でかつイヤーピースのゴムが若干柔らかめになっていると思います。

このため耳への負担は限りなく低減され、2〜3時間着けていても全く疲れませんでした。

音楽だけではなく、映画などの動画再生にも向いています。

 

28時間も再生可能なバッテリー

Anker Soundcore Liberty Air 2 充電時間

Soundcore Liberty Air 2はイヤホン本体と充電ケース含めると、28時間再生することが可能です。

 

これだけあれば、1日使っても余裕です。モバイルバッテリーを持ち歩く必要もないかもです。

 

1万円以下とは思えない音

購入当初の音でも問題ないのですが、エイジングすることにより音に広がりが出たように思います。

 

手っ取り早くエイジングしたい場合は下記のサイトがおすすめです。約60分でイヤホンのエイジングをしてくれます。

Code&Major公式サイト

 

ワイヤレス充電に対応

Soundcore Lebirty Air 2 ワイヤレス充電

USBを抜き差しするのって意外と面倒だったりしますよね。

 

Soundcore Liberty Air 2はワイヤレス充電にも対応しているので、充電パットの上に置くだけで充電をすることができます。

 

 

 

まとめ:Soundcore Liberty Air 2レビュー

Anker Soundcore Liberty Air 2レビュー

それでは最後のこの記事のまとめです。

Soundcore Liberty Air 2のポイント

  • 最大28時間再生(本体+充電ケース)
  • 高音質コーデック対応(AAC/aptX)
  • 10分の充電で連続2時間再生
  • 高級感のあるシンプルなデザイン
  • ワイヤレス充電可
  • HearIDで音をパーソナライズ

 

当初欲しかったAirPodsProとの価格差は2万円以上。

品質とiPhoneとの親和性を考えればAirPodsPro一択ですが、この価格差でこのパフォーマンス・・・

イヤホンを数年おきに代える消耗品と考えると、7,000円台で買えるのはかなりお得です。

 

 

ナミアツ
それでは今回は以上でおしまいです。最後までお読みいただきありがとうございました!

-ガジェット
-, ,

© 2020 JIKORICH