ブログ運営

【スパム対策】WordPressを迷惑メールから守るおススメの方法と具体的手順

ワードプレスのロゴ
ブログのお問い合わせフォームに大量の迷惑メールが届く。何か良い方法はないかな?
  • 気付いたら自社サイトに海外からの大量のスパムメールが
  • ブログやサイトに大量の迷惑(スパム)メールが届く
  • ワードプレスの迷惑メール対策を知りたい

このような悩みを解決します。


ブログやサイトのお問い合わせフォームから大量の迷惑メールが届き始めたら要注意。

悪質なサイトへ誘導するスパムメールもあるので対策しましょう。

そこでおすすめの方法が、GoogleのreCAPTCHAです。

設定も簡単にできるので、特にブログ初心者の方におすすめです。

 

この記事をおススメする人

  • 迷惑メールを防ぐ方法を知りたい
  • ワードプレスを使っている
  • コンタクトフォーム7を使っている
  • ブログ、サイト運営初心者

 

下記の目次を参考に、必要なところだけ読んでいただいてもOKです。

ワードプレスを迷惑メールから守る方法

それではさっそく、大量の迷惑メールからブログやサイトを守る方法を解説します。

その方法とは、Googleが推奨している“reCAPTCHA”という機能の導入です。

>>Google reCAPTCHA公式ページ

GoogleのreCAPTCHAとは

reCAPTCHAとは、Webのお問い合わせフォームなどに登録する際に、ロボット(bot)による迷惑(スパム)メール悪質なアクセスからサイトを守るための機能です。

 

reCAPTCHAのGIF動画

(出典:Google

 

Webサイトを閲覧している時に、上のような「私はロボットではありません」の表示を見たことはありませんでしょうか。

これが、不正アクセスをするロボットと人を分けて認識するための機能、reCAPTCHAです。

カーネギーメロン大学で開発がされ2009年にGoogleがこのテクノロジーを買い取っています。

このreCAPTCHAを導入することにより、機械的に送られてくるスパムメールを防止することができます。

>>Google reCAPTCHA公式ページ

reCAPTCHA導入の前に使用環境をチェック!

 

この記事で紹介する方法は、下記の仕様環境を前提としています。

 

使用環境をチェック!

  • ワードプレスでブログやサイトを作成
  • コンタクトフォーム7でお問い合わせを作成

 

ブログやサイトはワードプレスを使って作成

ワードプレスロゴ

多くのブログやサイト作成で使われているオープンソースのブログソフトウェアです。

webサイト全体のうち約35%は、WordPress(ワードプレス)を使って作成されています。

 

コンタクトフォーム7でお問い合わせフォームを作成

コンタクトフォーム7コンタクトフォーム7は、ブログやサイトのお問い合わせフォームを簡単に作成できるプラグインです。

 

reCAPTCHAの導入手順

それでは次にワードプレスにreCAPTCHAを導入する手順を解説します。

導入手順の流れはこちら。

  1. reCAPTCHAのキーを発行
  2. コンタクトフォーム7に適用
  3. サイトで確認する

 

推奨ブラウザはGoogleクローム。Googleアカウントが必要になります。

事前準備

  • Googleアカウントを準備
  • 推奨ブラウザはGoogleクローム

 

手順1:reCAPTCHAのキーを発行する

まずはGoogleのreCAPTCHAサイトにアクセス

>>Google reCAPTCHA公式ページ

▼サイトにアクセスしたら右上の項目をクリック

reCAPTCHAへのアクセス画面1

Googleアカウントにログインしていない時は、ログイン画面が表示されます。

 

▼次にサイトの設定画面に移ります。

reCAPTCHAへのアクセス画面2

この3つの入力が必要です。

  1. ラベル(サイトの名前など)
  2. タイプ(reCAPTCHAのタイプ、ここではV3を選択)
  3. ドメイン(サイトのドメイン)

 

▼次に利用条件に同意して送信ボタンをクリックします。

reCAPTCHAへのアクセス画面3

 

▼reCAPTCHAの2つのキーが発行されます

reCAPTCHAへのアクセス画面4
  1. サイトキー
  2. シークレットキー

この2つが発行されたか確認しましょう。

ここに注意!

この2つのキーはコンタクトフォームを設定するときに使用します。メモしておきましょう。

以上でreCAPTCHAのキーの発行は完了です。

 

手順2:コンタクトフォーム7へ導入する

▼ワードプレスを開き、ダッシュボードの右側にあるお問い合わせから、「インテグレーション」を選択します。

コンタクトフォームへの設定1

インテグレーションのうち、reCAPTCHAのインテグレーションのセットアップを選択します。

 

▼2つのキーを入力して保存をクリック

コンタクトフォームへの設定2

以上でreCAPTCHAのセットアップはすべて完了です。

 

手順3:reCAPTCHAが適用されているか確認

確認のため自分のサイトにアクセスし、「お問い合わせフォーム」にreCAPCHAが適用されているか確認してみましょう。

reCAPTCHAのロゴが表示されていたら成功です。

これでbotによる迷惑(スパム)メールを防いでくれます。

念のため、通常のメールが届くかどうか送信してチェックしましょう。

 

 

【参考】reCAPTCHAの表示が邪魔な場合は

reCAPTCHAを適用すると各サイトのページの右下にロゴが表示されます。

スマホの場合、このマークと“戻るボタン”が重なってしまうケースも多いとのこと・・・

調べたところ、Googleのヘルプでこの表示を消す方法が見つかりました。

こちらの記事でreCAPTCHAの表示を消す方法を解説しています。ご参考にしてください。

>>【Google推奨】reCAPTCHAのロゴを非表示にする方法(後日公開)

 

この記事のまとめ

それでは最後にこの記事のまとめです。

ブログやサイトで大量の迷惑(スパム)メールを防ぐならGoogleのreCAPTCHAがおすすめ。

導入手順はコチラ、

  1. reCAPTCHAの公式ページで2つのキーを発行してもらう
  2. ワードプレスのコンタクトフォームで2つのキーを入力し有効化
  3. 自分のサイトにアクセスしreCAPTCHAのロゴが表示されていれば成功
ナミアツ
ナミアツ
今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。