ライフ

今さら聞けない5Gとは?特徴と活用事例の要点を3分で解説します。

ナミアツ
ナミアツ
こんにちは、ナミアツです。
今回のテーマは5Gです。
2020年から本格的に運用が始まるということもあり、気になっている方も多いのではと思います。例えばこんな疑問ありませんか?

  • 「5Gってよく聞くけど、今までと何がちがうのか・・・」
  • 「とりあえず通信速度が速くなるってことくらいは・・・」
  • 「5GのGってそもそも何なの??」

 

そこで、今回の記事では「5Gってそもそも何なの?」という疑問に対して、できるだけ簡単に5Gの特徴と活用をまとめてみました。簡単ですが、周りの人にどや顔ができるかもです(笑)

この記事がおススメな人
  • 5Gについて簡単に知りたい人
  • 5Gが生活にどんな変化をもたらすか知りたい
  • 具体的にどうなるのか知りたい

 

5Gとはいったい?時系列で解説します

そもそも5Gの「G」ってなんのことでしょうね。僕も最近知りました・・・(笑)
5Gの「G」は、Generation(ジェネレーション:革新)のGです。

つまり、通信技術の革新(5世代目)ということになります。

この技術革新の前に4回Generationがあったわけですが、過去の技術革新をざっと復習しましょう。

これまでの通信技術革新(1G~4G)

ナミアツ
ナミアツ
1Gから5Gまでをざっと確認してみましょう

 

年代端末、デバイス特徴
1G1980年代ショルダーフォン、自動車電話
2G1990年代携帯電話、PHSドコモ(movaの誕生)
3G2000年代携帯電話、スマートフォンiモード、ezwebの誕生
4G2010年代スマートフォン、モバイルネットワークLTE,高精細動画
5G2020年~スマートフォン、???高速大容量通信、超信頼・低遅延性、多数同時接続

一通りみると、約10年周期で技術革新が行われていることがわかります。

1990年代になると通信方式がアナログからデジタルへ変化しました。これにより、今まで通話のみだった携帯電話の役割が、データを送信するという役割を担うことになりました。

2G以降は、送受信するデータの容量や速度が段階的に増えていき、より快適にシームレスにデータ送信できる環境が整ってきました。

ちなみに、今回の記事の内容の詳細は下記の「5Gビジネス」を参考に書いております。
初心者でもわかるように具体例が多めに書かれていますので、5Gをこれから知るという人におススメです。

5Gビジネス (日経文庫 B131) [ 亀井卓也 ]
created by Rinker

 

 

5Gの特徴は3つ

5Gによる技術革新の特徴は3つあります。

5Gの3つの特徴

  • 高速大容量通信
  • 超信頼・低遅延通信
  • 多数同時接続

それでは、もっと具体的に5Gの特徴を確認していきましょう。

特徴1:高速大容量通信が可能に

5G通信速度は今の4Gと比較すると、約100倍も速くなります。そして一度に送信されるデータ量も多くなるということです。

なぜこれが可能になったのかというと、高い周波数を使う技術が成熟してきたからです。技術的に難しいことはさておき、今まで使えなかった高周波数帯が実用できるレベルになってきたということです。

例えば、1車線の道路が、10車線ぐらいの幅のある大きな道路になった!という感じでしょうか。

ちなみにどれくらい高速化というと、2時間程度の映画をわずか数秒でダウンロードすることが可能です。(4Gだと5分程度かかる)

特徴2:超信頼・低遅延性の実現

超信頼ってなんかすごそうですね。どれだけ信頼が厚いことやら・・・。大容量かつ通通信速度を向上させつつデータの信頼性も確保しているということですね。

5Gでは送信されるデータの遅延は1ms(1秒の1000分の1)とされているそうです。人間ではほぼ感じないレベルの遅延らしいです。

例えば、低遅延性が実現すると、工事現場や医療現場で使うロボットをシームレスに稼働させることができます。特に医療現場ではデータの遅延が命にかかわってきますので、超信頼・超低遅延の影響は重要だと言えます。

特徴3:多数同時接続数の増加

例えば一つの基地局に同時にアクセスできる端末が100台だとすると、5Gではこれが10,000台まで可能になります。

これは、スマートフォンの普及よりも家電や設備がインターネットと接続するIoTに備えたものだと言えます。

なぜなら、今後IoTが普及することによって、身の回りのモノがインターネットと接続されるようになります。例えば、家にあるテレビや冷蔵庫、エアコンから自動車など身近にあるものがネットを経由して操作したり、状況を確認したりすることができるようになります。

これら一つ一つのモノに通信デバイスが設置されると、基地局へのアクセス数が大幅に増加することになります。多数同時接続数が増加する理由はIoTによるアクセス数増加を想定したものと考えられます。

 

5Gの導入で可能になること

技術的なことはさて置き、どんなことが可能になるのかというと。
代表的ものでいうと、このような感じです。

  • 高精細な動画を視聴することができる
  • VRで自宅にいながら臨場感を体験できる
  • 安全性の高い自動運転が普及する
  • IoTが促進される

高精細な動画を視聴することができる

これは、4Kや8Kといった通信容量が非常に大きい高精細の動画でも視聴が可能になるということです。また遅延もほぼ無くストレスフリーに動画をみることができます。(正直今でも十分にきれいだと思いますが、確かに遅延が無くなるのはうれしいですね。)

ポイント:高精細の動画を遅延なく視聴することができる

 

VRが今以上に普及する

VR(ヴァーチャルリアリティ)が普及することによって、例えば自宅にいながら好きなアーティストのコンサートを、まるでコンサート会場にいるように体感することができるかもしれません。

すでに、ゲーム業界ではVRは浸透しつつあり臨場感あるゲームの開発もされています。
その他、教育現場を例にとれば学校に通うことができない子供が、VRを使って学校の授業に参加できるかもしれません。活用の仕方は色々とありそうです。

ポイント:VRによって臨場感を体感できるサービスが増える

 

安全性の高い車の自動運転が可能になる

5GになりIoT化が進むと、道路や交通の状況をデータの遅延なくリアルタイムで車に送信することができます。またデータの量も今まで以上に送信することができるので、より正確な情報に基づいて車の自動運転がされるので安全性も高くなります。

また自動運転の普及により、自動車は運転するものから電車のように乗るものに変わる可能性があります。

ポイント:安全性の高い自動運転が可能になる

 

IoT化が促進される

モノとインターネットが結びつくIoT(Internet of Tings)が促進されるためには、インフラの整備が必要になります。5Gによる通信技術の革新により大幅にインフラが整備されIoT化が進みます。

ポイント:5Gが想定しているのはIoT化へのインフラ整備

 

まとめ:5Gの特徴と可能になること

いかがでしたでしょうか、5Gの導入により、今まではテレビや映画だけの世界だった未来がより身近になるのではないでしょうか。「5Gってそもそも何なの?」という疑問が解消されれば幸いです。

ナミアツ
ナミアツ
それでは、最後にまとめを見ていきましょう

5Gの特徴は3つ

  1. 高速大容量通信
  2. 超信頼・低遅延通信
  3. 多数同時接続

5Gで可能になること

  1. 4K/8Kなど高精細の動画が遅延なくみられる
  2. VRの普及が進み新たなサービスが生まれる
  3. 安全性の高い自動運転が実現する
  4. IoT化が進み生活とインターネットの結びつきが強くなる